本日、ハマっていることはFMラジオを聴くことです。

昨今、ハマって掛かることはFMラジオを聴くことです。聴くだけでなくオファーもします。自分がリクエストした曲が流れたり話を読まれたりした時は喜ばしくて興奮します。運が良ければ貰いものが当たったりもします。

ラジオはTVと違い聴力だけを扱うので、視覚といった聴力それぞれを使うTVに対して心地よいだ。ながらも聴けるところがラジオの良いところです。

早朝は現況でウエザー予想といった伝言で風評を得られますし、生活にも役立ちます。

こちらが訊くFMラジオはBGMを流すのがメインの局なのでBGMによりタイミングがありがたく流れて行きます。

DJによりテレビ局は進行されていくのですが、これまたDJのトークがおもしろいだ。
聞き手からの考えや設問に的確に答えているし、各種風評もDJ配布で得られます。

それにしてもDJは一大お業だ。自分の担当するテレビ局をやるのはもちろんのこと最新のBGM風評も頭に入れておかなければなりませんし、あなたでいらっしゃる皆さんのCDを聴いていなければなりませんし、各種美術家の現況にも行かなければなりません。他にも各種配置へレポートをめぐってあるので、何時寝ているのかなと思ってしまう。それでも、そのおかげで私聞き手は楽しませていただいてるといった思ったらサンキュー。

自宅では日々ラジオを据え置きっぱなしとしていらっしゃる。
こちらがラジオを聴いていたら親もラジオを塗り付ける病みつきができてしまいました。
親と言ってもすでに70歳過ぎですが・・・親がいうにはラジオをつけていると寂しくないと言います。確かにラジオは聞き手といったDJの一対一のようなコネクションですから嬉しいだ。
あとBGMが流れるとタイミングの流れが感じられます。

とあるテレビ局ではラジ相棒という表現があって、そのテレビ局を聴いて掛かるおんなじアカデミーの個々個々が?がって行くというものです。
ラジ相棒になって一緒に現況に行ったりもしているみたいです。

ラジオもTV同様に各種スキームがあります。ラジオのスキームは案外地域密着型だ。何処どこであれこれがあるから一緒に楽しみませんか?みたいなスキームも多いです。
聞き手出演フォルムですね。
私も何度かイベントに参加したことがあります。

自宅で思わず耳にするラジオから世界観が広がります。
こちらが聴いているのはFMラジオですがAMも含めてできるだけみんなにラジオを聴いてくれなと1聞き手として思います。

今後もさくっとラジオを聞き続けていきたいなと思っております。http://www.ccrdtz.com/